1月 14 2015

相手を意のままに操る催眠

相手を自分の思うとおりに操る事が出来ると言うのが催眠です。一般的に良く知られているのが、テレビなどで、数人の人をその場に立たせるか、または座らせるかして、術者が彼らにまずは目を閉じらせ、緊張を解した上で、様々な話をして、次に合図をすると、その通りになると言うものです。もちろん、術者が話した内容で、彼らの場合は、個人それぞれの思い立ったものがある訳ですから、話しの内容如何によっては、全くそれぞれの異なる表現などが出てくるのです。しかもそれぞれが同じ人ではないがために、格好も異なります。歩き方も仕草も異なれば、考え方も違うのです。ただ、唯一同じ事と言えば、術者が何等かの合図をしたら、その合図の内容通りに動くと言う事なのです。そして、最後には、術者が、今度は異なる合図をすれば、今まで催眠に掛かった人は、その瞬間に我に返り、今まで数分、何をしていたのかを覚えていないと言う事が多いのです。

ある意味ではバラエティの催眠

催眠と言うのは、誰もが掛けられると言うべきものではないのです。それに沿った修行を行ったものだけが出来ると言う特殊な能力なのです。しかしながら、この催眠が時にはショー的に扱われる場合があります。一人でも複数では構わないのですが、術者に掛かれば、全く自分の行っていることを忘れてしまうほどに、術者の思い通りに身体が勝手に反応して動いてしまうと言う事になるのです。その特異性で、バラエティ化し、多くのテレビ番組でも取り上げられるケースがあるのです。観客の目の前で芸能人に術を掛けて、その反応を楽しむと言う内容です。一般の人とはそのタレント性が違うのが芸能人ですから、術に掛かった時、どのような動きや格好、仕草をするかなどが、一般の人には楽しみでもあり、笑を誘うものでもあるのです。中には、芸能人と言えども、深く術に入り込む人もいます。ただ、中には微妙なほどに、静かな動きの人もいる事もあるのです。

眠れない時に催眠にチャレンジ

催眠と言うと、テレビなどのショーを思い出しますが、最近はそうした怖いものではなくて日常生活などにも上手に活用できるものとして紹介されているのを良く見かけます。例えば、眠れない時などは本当に困ってしまって、布団の中でごろごろとしながら眠気が訪れるのをまってまんじりともせずにいることも多いです。けれども、催眠を使えばいつの間にか眠ってしまったりしている事もあります。様々なシーンをイメージしながら、睡眠へと誘導していくのです。このときのイメージにもいろいろありますが、基本的には活動的なものではなくて、段々と眠るようなイメージに持っていきます。やり方自体は幾つもありますので、自分がイメージをしやすいような方法を探してみましょう。注意したいポイントとしては、そのことに集中する必要があるので気をつけてみて下さい。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes