1月 14 2015

催眠効果のあるアロマで質の良い睡眠をとる

一日を元気に過ごすには一日の終わりの睡眠というのが大切になります。質の良い睡眠をする事によって体力を回復させる事も可能なので質を高める事が重要です。寝具などを選ぶ必要が出てくるのですが、探す時には体に合った製品を選ぶことによって寝やすくなります。枕というのは柔らかさと高さを選ぶ時の基準にするべきなのですが、最近では店舗によっては試しに使う事ができる所もあるので実際に体験をして合ったものを選ぶと良いです。掛布団は断熱性の良いものを使用する事で暖かい状態を維持する事ができるので暖房費を節約する事も可能です。考え事をしている状態に眠りに入ると脳が覚醒した状態が続き寝入りがあまり良くないので何も考えずにリラックスした状態を作り出す事が大切になります。どうしても考え事をして眠れない場合には催眠効果のあるアロマなどを利用する事で落ち着かせる事ができます。

催眠をかけられたらどうなるか

ある記録によると、日本では明治時代から大正時代にかけて催眠が大流行したそうです。意外と古くから存在していたのですね。あまりにも流行したので、当時の政府が禁止令を出したそうです。当時から、人間は不思議なものに興味があったのでしょう。UFOや幽霊と同じように。また、とある芸能人がこんな話をしていました。その芸能人はとても催眠にかかりやすく、ある日、それをかけられて「自分はアイドルである」と思い込んでしまったのです。そして、アイドルの歌を歌ったり踊ったりしているうちに皆からはやしたてられ、泣きながら部屋を出て、気がついて自分に戻ったら、知らないところにいたらしいのです。とんでもない話ですよね。実は、私はあまり最近にかからない体質らしいのです。前にかけてもらおうとしたのですが、上手くいきませんでした。

催眠術は、テレビによる編集

催眠というものに対して大きな幻想を抱いている人は多いでしょう。例えば、超能力を開発できる、禁煙できるといったように、何でもできそうなイメージがあります。しかし、実際には、もともと本人ができること以外はすることができません。例えば、催眠術を利用して、一日で一輪車に乗れるようになったとしても、それは、もともとその人が一日で一輪車をマスターできる才能があったということです。もしくは、過去にすでに乗れるようになっていたということでしょう。しかし、テレビというものは、まさにそうだ、というように編集で見せることができるのです。また、透視ができるようになったり、突然記憶力が上がったなどということもテレビで報道されたりしますが、これらのことは、催眠術が直接的に関係するのではないのです。多くの場合で、テレビの演出なのです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes